パチスロをやる際は、まずホールに向かう必要があります。
近くのホールを探す際は、「パチンコ店MAP」というアプリを使うと便利です。
ホールに到着したら、台を選択します。
基本的には、空いている台なら自由に打ってよいのですが、タバコなどが置かれている場合は別の所にしましょう。
台が決まったら、右上の辺りに「サンド」というお金の投入口があるので、お札を入れてください。
たいていのホールでは、1,000円札から1万円札まで対応していますが、中には1,000円札しか受け付けていない所もあるので、注意が必要です。
そして、お金をサンドに入れるとメダルが出て来ますが、パチスロのレートには20円・10円・5円などの種類があり、例えば20円なら50枚出て来ることになります。
メダルが出て来たら、台の右側にある投入口に入れましょう(最大で50枚まで入ります)。
そして、台の左側にあるレバーを叩くとリールが回るので、ボタンを押して止めてください。
ボタンは三つありますが、基本的には左から順に押して行きます。
機種によっては、真ん中や右を先に押すとペナルティーとなることもあるので、左から押す癖を付けておきましょう。
後はこれを繰り返すだけですが、たまにボーナスが当たることがあります。
ボーナス画面では、高速でリールが回転しており、「7」を三つ揃えれば大量にメダルが出て来ますが、もし揃える自信がなければ、店員に頼むという手もあります。
ただし、ホールによっては店員が手伝うことを禁止している場合もあるので、その時は自力でやるか、他のお客さんに頼むかしましょう。
そして、ゲームをやめる際は、メダルを数えなければなりません。
その作業は、「ジェットカウンター」という機械で行いますが、これは店員がやることになっているので、自分でやってはいけません。
メダルが数え終わったら、枚数が書かれたレシートを渡されるので、受付カウンターで景品と交換しますが、現金化したい場合は店外にある換金所に景品を持って行けば、現金と交換してもらえます。